カスタマーレビュー

2019年10月4日に日本でレビュー済み
少年誌連載の活劇漫画は現状これ以外に何も読んでいないのであるが、主な理由としてこの年齢になるとキッズ向けファンタジー漫画というもの自体が読んだところで人生に於いて何の足しにもならないと言うか自分の人生と接点がなさ過ぎて心からどうでも良くなってしまったからなのである。じゃあこの漫画が足しになっているのかと聞かれると返答に困る気のだが、少なくとも鑑賞に耐えうる代物にはなっていると思う。物語にどれだけの整合性が保たれているのかは4巻まで読んでも判りかねるが、作品に込められた熱量が王道の少年漫画らしさを持っていながらも何処かで激しく暴走しそうな危うさも秘めていて、その辺が先の展開に予断を許さないような緊張感をもたらしているのではないか。何時何処で誰が死ぬか全く読めないもんな。この巻読んでも、レギュラー陣も新キャラも敵も見方も悪魔も、最終的には全員死にそうな感じもする。中々に唯一無二の漫画となってきているのではないだろうか。なので、人生の足しになるかは兎も角、続きも読んでいこうという気になるのである。一部の”大人の鑑賞に耐えうる少年漫画”のような高尚ぶってる感もなく、ハードな作風ながらデンジの行動原理は相変わらず馬鹿っぽいままだから子どもでも親しみやすいだろうし、万人が楽しめる作品だと思うからもっとヒットしてアニメ化したりとか国民的漫画になってくれたらいいと思う。
59人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
2,309 件のグローバル評価