カスタマーレビュー

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2018年9月24日に日本でレビュー済み
(単行本第6巻まで購読した上での今巻の感想)

今巻で登場する有名人はスコット、戦艦大和、楊貴妃、ウァレンティヌス。

歴史上の有名人が命を費やす最後の瞬間に、悲観症なマスター(店長かつ料理人)が経営するレストラン「ヘヴンズドア」に足を運び、それぞれの心境に合った、望みの料理を出してもらうというお話。「人生の最後の食事には何を食べたいか」というネタ話を通し、有名人の人と成りを紹介するような偉人譚のような構成でもあります。当人にとっては「最後の晩餐」なのでしょう。ただし3巻あたりからは、マスターが足を運ぶ場所であればレストラン内でなくても有名人がやってくるようになります。マスターに何か特殊能力があるのでしょうか。

今巻でも「ヘヴンズドア」では無くマスターが足を運んだ先で時を超えた来訪者と遭遇する話がありますし、さらに目次にもある通り人では無くモノ(擬人的に扱われることがある存在ですし、話の中でもそのような解釈がされています)が対象となる辺り、有名人だけでは話の構成が難しくなってきたのかもしれません。逆に話の構成にノリが出てきた、主要人物の描写や生き方がこなれてきて(描きやすくなり)、幅を広げようとの思惑かも。

見どころは戦艦大和の回。当時「艦これ」が話題になったのに併せてでしょうか、大和自身の登場だけでなく、それっぽいコスプレをさせるシーンもあったりします。もっとも話そのものは有賀艦長では無くあえて大和自身をお客にしたことからも分かる通り、色々と切なさを覚える話となっています。解釈も色々あるでしょうが、想わせる話には違いありません(マスターの大人物さを想起させる受け答えも見どころです。本人は笑って答えましたが)。また、さすがにマスターもこの辺りになると、変な現象と語ってはいますが、来訪する人たちが本当の過去の有名人だと気が付いているようでもあります。

また今巻では「愛」にスポットライトを当てた話が多いのも特徴です。そして大和の回や楊貴妃の回などで色々な機会を得ながら、ジャンヌのマスターへの思いが崇拝から尊敬・敬愛、そして愛情のようなものに変化する様が明らかになってきます。キノコの回ではマスターにとってはハッタリだったのかもしれませんが、恐らくはそこでジャンヌは確信したのでしょう。

けれど次の「謎の老人」の回でマスターの失言からチョコを渡しそびれ(もっとも手渡していたらその時点で法則が発動するはずですので、渡せないのも規定事項だったのでしょう)、さらに前巻でちらりと顔を見せた人物が、ライバルとなるべく意思決定をします。次巻以降どのような展開になるのか。

この作品、に限らず藤栄先生の作品に共通することですが、登場人物に根っからの悪人、読んだ後に後味の悪い人物や話の展開が無いのも魅力の一つ(例の悪徳プロデューサーですら、締まりのないオチで退場していきます)。盛り上がりに欠ける、リアリティが無いとの意見もあるかもしれませんが、そのようなものを必要としない構成で高い完成度を見せているのも事実だと思います。また、定番のネタや時節ネタも、単なる偉人伝的なものに留まらせないようなエッセンスとして楽しさを上乗せさせてくれるのがポイントといえるでしょう。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
41 件のグローバル評価