カスタマーレビュー

2020年10月26日に日本でレビュー済み
冠さんという女性機械式時計技師のお店とそこに集う人のほんわか日常ですが、
時々顔を覗かせる機械式時計の様々な機構、時計にまつわるエピソードが程良いスパイスとなり、
良いリズムでお話が進行していきます。

ともすれば、一機構の紹介で1話マンガが描けてしまう(時計雑誌でそういう類の漫画を見たことがある方もいるかもしれません)のをエッセンスを絞った小出しにする事で、お話を邪魔しないところも絶妙なバランスと思います。
一方で、周りの人物とのほんわか日常だけでも小気味良いバランスは感じられないでしょう。

作画の点でもスクリーントーンをあまり使わず版画のエッチング的な作画で微妙な陰影を表現している点もこの作品のバランスを支えているものかもしれません。緻密さを感じさせつつも、情報量の多いところは大胆に省略する事でコマがうるさくなり過ぎないよう調節されていると推測します。

(やさしい世界の)安心感と、(機械式時計の世界のもたらす)ワクワク感で、この先も楽しみです。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
87 件のグローバル評価