カスタマーレビュー

2013年6月9日に日本でレビュー済み
本単行本には中編2作が収録されてますが、
一つは
・太平洋戦争中の日本で、試作機のパイロットが、グレイやUFOの絡んだ怪事件に巻き込まれ、
運命を狂わされていくホラー

太平洋戦争中の日本+グレイ、って発想が異様すぎ・・。スプラッター描写やメカ描写も光り、独特な個性を放ってます。

二つ目は
・映画「地獄の黙示録」を、戦時中の日本に置き換えて翻案したもの

目的地まで、日本軍で独自に活躍した「装甲艇」で赴く事になるのですが、これがまたかっこいい!
主人公の特務の将校も渋いプロフェッショナルですし、話も日本の行っていた阿片栽培と絡めて、
暗殺対象の大佐の悲壮感といい、ネタ元「地獄の黙示録」より、完成度エンターテイメント度が高い傑作!になってます。

ホラーと冒険ものなんで、ミリタリーものや滝沢聖峰作品に慣れてない人にもオススメの作品です。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
24 件のグローバル評価