カスタマーレビュー

2016年1月30日に日本でレビュー済み
「上杉謙信女性説」を基本設定とした歴史ギャグ四コマ。
考証無視ではありませんが歴史物語を期待してしまうと噴飯物です。ジャンルは「歴史物」ではなく「歴史パロディ」である点にご留意ください。謙信公について一応の知識があった上でギャグと史実を区別できる人向けの作品です。
 
物語は、ヤル気のないグータラ美少女・虎千代(上杉謙信)が、誤解から、大胆で果断な「越後の軍神」と思われてしまい、戦には連戦連勝し心酔する家臣も次々と現れ、某クラウザーさんのごとくだんだん後戻りできなくなっていくという展開。
ときどき出てくる、兄様(長尾晴景)とのちょっとブラコン的なやりとりは萌え要素ですね♡
家臣たちも、虎千代が誤解される原因の忠臣・鬼小島弥太郎はじめ、考えすぎの老将・宇佐美定満、そして……えーと……ストレートな(せいいっぱいオブラート;)柿崎景家など、愉快に脚色されています。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
68 件のグローバル評価