カスタマーレビュー

2019年2月5日に日本でレビュー済み
この巻に入って突如急展開となり、表紙の二人の結末は書かれたものの、「えっ、これで終わり?」的な感じ内容であり、どこか駆け足気味になった気がします。

お互いの道を進んでいくという形で締めており、一応未来へと歩んでいく的な形で終わるため、ハッピーエンドと解釈することも可能です。
ただ、喧嘩別れや死別などの過激なバッドエンドではないが、他のキャラに焦点を当てた時間が長かった割には、そちらのフォローがあまりされず、バンドも事実上解散し再結集する的なエピソードもないため、物足りない気がします。

恋愛面では2人がこういう関係になるのは予想できますが、もう一巻出して深掘りするか、恋愛要素を一旦排除するか、告白の結果をぼかすような描写(告白した瞬間、騒音のせいでわからないみたいな感じなど)にしたほうがすっきりした気がします。

そのせいなのかわかりませんが、内容というより、すごく気になったのは、作画です。
明らかに絵のテイストがおかしい。初見の時は同じ作品だっけと思ってしまいました。表紙だけを見比べても、5巻までは同じ味付けなのに、6巻だけ違和感を感じます。2巻の表紙で主人公の横顔が書かれているので比べるとわかるのですが、同じ人物か?っていうぐらい顔の書き方が違います。他にも輪郭線や目のタッチなど、人物の描写に違和感を感じてしまいます。

推測として、打ち切りが決まったため、質が落ちた可能性は否めません。
いい作品だったけど、無理やり終わらせた感や作画の質が不自然な点から、辛口の星3の評価とします。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.6
星5つ中の3.6
11 件のグローバル評価