カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー
2021年4月23日に日本でレビュー済み
  このシリーズ全体に言える事だが、通常のミステリでは全くない、西尾維新の脳内で妄想された屁理屈ワールド。この巻は特にその傾向が強く、全開と言って良いと思う。
 そもそもの設定が、現実には存在しない奇病の持ち主であり、若いのに総白髪の美人探偵、なので、ファンタジーとして読むよりないと思うのだが、この巻はミステリとして読むのは無理なくらい、屁理屈でこね回している。個人的には面白いと思ったが、ファン限定の作品で、万人向けとはとても言えないのではないだろうか。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
63 件のグローバル評価