カスタマーレビュー

2017年11月10日に日本でレビュー済み
腕っぷしだけが パワー ではない。
特に、混乱極める幕末の京都では。

無敵の壬生狼も、身の周りで起きている根深い闘争までは想像が及ばない。
秩序を保ちつつも、暴力機関の域を脱していない新撰組が、
次第にイデオロギーの渦に巻き込まれていく。

何が何やら分からぬまま、スゴ腕の河上彦斎と刃を交える沖田と斉藤。
「争い」ではなく、「戦争」へ。
時代は、ぞろり と動いていく。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
23 件のグローバル評価
星5つ
77%
星4つ
16%
星3つ
7%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%