カスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2018年7月20日に日本でレビュー済み
「海街」のレビュー評価が高い中。
ほんと、ごめんなさい、なんですが・・・・。

私にとっては『吉祥天女』の次に、読むのに疲れました。

吉田先生の作品は、駄作がない、稀有な漫画家さんですけど。

初期作品から読んできて。
物語としては、「海街」も良い作品ではあるにもかかわらず。
単に、わたしには、疲れる作品になっちゃったのがツライですね。

いったい、いつまで続くんだろうと思って。
4巻あたりから、もう惰性で読んでました。

2018年の6月下旬、発売した「flowers」で完結しましたけど。
最終回は、明るいラストで、「海街」らしい終わり方だったのが救いでした。

トータルで見れば、「海街」も良い作品だけに。
中盤あたりでごちゃごちゃし、間延びした感じになったのが惜しい。
4巻あたりからこの7巻までが、読み返すと、ちょっとキツイ・・・・。

「カリフォルニア物語」や「BANANA FISH」、「YASHA」はもっと長編だったけど・・・

好きな先生の作品でも、相性がある、という経験をした作品でした。

(追記)他のかたのレビュー評価が高いのは、やはり相応の惹きつけるだけの魅力があるからです。私が単純に、合わなかったという作品だっただけなので、映画で興味を持たれたとか、アニメ版「BANANA FISH」などで吉田先生の作品に興味をもたれた人は、この作品もあたってみてください。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
115 件のグローバル評価