カスタマーレビュー

2011年10月9日に日本でレビュー済み
この世異聞は鈴木つたさんの最も長い作品でもあります。作者のほかの作品も読みましたが、それに比べると今回はエッチは少なめ☆でもこの巻でだいぶシリーズ物の雰囲気が確立してきたのではないかと思います(*'∀`*)

今回は敵(?)の回想や、良い感じだったクラヨリ様と紡(つむぎ)の関係に亀裂が入るなど、ハラハラドキドキな巻でした。セツもうまい具合に登場して場を盛り上げます。笑) 敵キャラ2人も4巻で謎のまま終わってしまいましたが、今回はその2人が一体どういった人物なのかが分かります。そのうちの櫂(カイ)は無邪気な小悪魔キャラで私は結構好きだなと思いました。この感じだともう少しこのシリーズは続くのではないでしょうか☆今後の展開に期待ですヽ(*'∀`)ノ
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
9 件のグローバル評価
星5つ
65%
星4つ
21%
星3つ
14%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%