カスタマーレビュー

2020年8月25日に日本でレビュー済み
民間調査船がロシアの最新鋭ソナーを引き上げた事から魚雷攻撃を受け,最寄に居た日本の空母いぶきが戦闘に巻き込まれる,と言う話.展開が速く,読み応えが有る.著者の漫画の欠点は政治的な説明と顔のアップに終始する点だが,本巻ではアクションの比率も高く,楽しめる. 難を言えば,日本の空母がなぜ北極海に居るのかと,ソナー内にロシア原潜の移動記録が残されていると言う設定.
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
692 件のグローバル評価