カスタマーレビュー

2009年2月3日に日本でレビュー済み
いやー面白かった。でもこの面白さをネタバレしないで書くのは難しいです(笑)
タイトル通り子連れ男ふたりの話なので、小さなこどもが出て来るのですが、
要所、要所に散りばめられた表情や仕草を見ているだけでかなりコミカル。

BL好きな妹(実情を知っているだけに妙におかしい)に翻弄される兄とそのカレシとか、
前作のフェロモン五樹先生があいかわらずなところとか(笑)美味しいとこ独り占め状態。
リアルゲイの微笑ましい(?)痴話喧嘩とか。攻がちょっとカッコ良かったりします。
ドライでちょっと毒があって、あり得ない話でありながらリアルな人間臭いスパイスも効いていて。

表情(かお)も身体も体位も、相変わらずエロくてガチでがっつり描写なのが最高です!
冴え渡る画力もどんどん無駄がなくなって来ているし、画面処理も美しい〜。
前作同様、リアルな性描写ですので苦手な方は避けた方が無難かと思います。

万人受けしなくてもいいんです。このままの井上佐藤さんであり続けて下さい。大満足です!
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
39 件のグローバル評価