カスタマーレビュー

2017年7月30日に日本でレビュー済み
遂に完結ですね。無印時代からずっと読ませていただいていた身としては、やはり感慨深いものがあります。

それにしても、無印時代と比べるとモモは本当に出世(?)しましたよね。リトと、彼を取り巻く人々が、誰も傷つくことなく、
誰も割を食うことなく幸せに生きることのできるハーレム・・・いや理想郷の実現を目指して歩みを進めてきた彼女。
そんなひたむきな思いを抱く彼女が、メインヒロインに準ずる立場にまで上り詰めたのは、ある意味当然だったかもしれません。
登場当初は、怖いところも時折見せる腹黒ドSだったのは本人にとってはもう黒歴史かな(笑)

それと、再びリトと一緒にお風呂へ入るようになった美柑。
ただ1人の妹として、数多くの女性に囲まれて右往左往する兄に複雑な思いを抱くのもまた当然といえるかもしれませんが、
その思いが、今後どういう風に変遷していくのか、その辺も我々の想像次第というわけで。

結末を敢えて見せないエンドというのは、それまでの展開や演出によっては消化不良感の残る悪手にもなり得るんですが、
この作品の場合はすっきり終わらせていたと思います。矢吹先生の構成力と、美麗な絵が放つ魔力(?)のおかげでしょうか。
エロくて優しい、最高の世界をありがとうございました。次回作にも期待させていただきます!
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
128 件のグローバル評価