カスタマーレビュー

2016年4月14日に日本でレビュー済み
回想編自体が師匠の騙りだったというのは落語的。あれだけ自分のための語り=落語に打ち込んでいたと思われた師匠が小夏のために騙ってきたのだと思うと感慨も大きい。そして師匠の周囲の人々も八雲の落語を残すために騙っていたのだと判明する本巻はまさに傑作。あとはどうまとめあげるのかが最後の関門ですね。大期待。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
47 件のグローバル評価
星5つ
76%
星4つ
21%
星3つ
4%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%