カスタマーレビュー

2011年3月9日に日本でレビュー済み
こちらは前の出版社さんで購入させていただいていました。
随分前に処分していたのを後悔していたので、角川さんで復刊してくださって嬉しいです。

田島君と出会って、自分の心の問題と向き合う決意をした遥ちゃん。
一見我儘で自分が目標とするものにまっしぐらの遥ちゃんだけれど、実のところは臆病なのだと思う。

自分のコンプレックスと向き合うことはとっても難しいことで、逃げていては駄目だとコンプレックスと
向き合う遥ちゃんが愛しい。
きっと田島君もそんな遥ちゃんに徐々に絆されていったのでしょう。
あべさんの作品は、そういう男の子を可愛らしく、けれど凛と前を向いて描かれているので大好きです。

三巻は、そんな遥ちゃんにコンプレックスを刺激された男の子も出てきて、田島君も内心気が気ではない
とは思いますが「言っても聞かない」ということを熟知していので、田島君なりのやり方で遥ちゃんを
守っています。
時を経ても、遥ちゃんは可愛いし、やっぱり田島君は格好いいと思います!!!
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.3
星5つ中の3.3
4 件のグローバル評価
星5つ
13%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
87%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%