カスタマーレビュー

2004年11月8日に日本でレビュー済み
 主人公は、恋人が死んだのに悲しめない自分を責めています。
 悲しみを悲しめないということは辛いことだと思うのですが、そんなところに恋人にうり二つの人が現れて強引にバイトとして雇われてしまうのです。
 バイトだから、会い続けなければならない。でも、死んだ恋人が薄情さを責めによみがえってきたようで……。
 しっとりとした、劇的な展開はない話ですが、しみじみいい話です。 
 実はここにもう一組カップルがいるのですが、最後に明かされるその組み合わせもまた、楽しかったりして。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%