カスタマーレビュー

ベスト50レビュアー
2019年9月14日に日本でレビュー済み
地球周辺に浮かんでいるデブリ(残骸や廃棄物)の
回収屋として働く青年のいろいろな苦悩を描いた話。

今よりも気軽に宇宙に行けるようになった近未来を舞台にしながらも
現代と同じような貧困や紛争問題が残っているおり、
相変わらずの格差社会である様子がリアル。

宇宙を題材にしてはいるが、
登場人物が思い悩む展開が多く、
SFというより人間ドラマといった印象。
キャラクターの作り方はうまいが、
みんなが何かしら悩みを抱えていて作風が暗い。

夢やロマンではなく
精神的な立ち直りを軸にした重い作品なので、
そういった内容が好きな人向け。
宇宙を題材にしたポジティブな話を味わいたいなら
「宇宙兄弟」の方がオススメ。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
212 件のグローバル評価