カスタマーレビュー

2019年11月26日に日本でレビュー済み
「エロが気持ち悪い」というレビューが散見されますが、この漫画はジェンダー平等的価値観を内面化していてとても先進的であると思います。「女の体に男の脳」は分かりやすすぎる表現で誤解を招くかもしれませんが、性自認が女性ではない女性の苦悩を的確に表現していると思いますし、ほかのキャラクターによるそれ自体に対する差別的な言動などは一切ありません。施設内の少年たちも、(作中における意味は明かされていないが)性別がわからないようになっていて、性役割を一切押し付けられずに育っていることが示されています(ひょっとして自分の性別も知らされていない?)。トキオが胸を見せるシーンは、我々にジェンダーバイアス的先入観を気付かせるための大変重要な描写で、大変素晴らしいと感じました。ホテル王の少女の件にしても、単に我々の現行法にそぐわないという理由で誤っているとすることはできないと思います。この漫画の世界に同意のない性暴力は存在せず、その意味で、非常に優秀なジェンダーの教科書だと思います。この漫画を気持ち悪いと思うなら、それはあなたが歪んだ価値観の下で育っていることを示しているにすぎず、思うに作者の思惑通りなのではないかと思います。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
210 件のグローバル評価