カスタマーレビュー

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2020年4月19日に日本でレビュー済み
とにかく作者が思いつきばったりで書いてるのだと思う
あまりに展開が滅茶苦茶すぎて単純に読んでてきつくなってくる

まずバックボーンとして、この世界は魔物があふれて苦しんでいる訳です
そこで魔物キラーである聖女の召喚の儀式をします
すると一人のはずが二人の女性が召喚されちゃった!?(ちなみに二人とも聖女だった)
というのが物語のはじまり
その召喚されたうちの一人が主人公なのですな

まず儀式に参加していた王子様が、美人で若いもう一人の方が可愛かったから主人公をガン無視してその子を聖女だと決めつけて連れていきます。繰り返しますか主人公をガン無視します。えぇ…どっちが聖女かまだわからないぐらいの状況なのに???

次にその態度が気に入らなかった主人公が「私この国から出ていく!」とブチ切れて騒ぎます。よくわからん世界に召喚されて着の身着のままで出ていくと騒ぐ主人公さん…この人もちょっとアレですね
結局「召喚されたばかりのよくわからん世界で一人旅は危険だ」(超正論)と諭されて仕方なく王宮で暮らす事になります

更にその聖女様を怒らせてしまったらしいのを恐れた王宮の人たちは、一か月ぐらい聖女かもしれない(実際聖女だった)主人公に近づかずに放置します。本当に主人公が「何もすることがない」と嘆いて散歩しはじめるぐらいの放置ぶりです。後で騎士団が一つ魔物で壊滅しかけるぐらい状況なのに何してんの、この国???

それから主人公が暇だから薬をつくる部署に入ってポーションとか作りはじめる訳ですが、そこからもあまりに酷い。

主人公「ステータスオープン!
    う~ん

    『聖属性魔法:Lv.∞(無限大)』←これがさらりと出てくる

    どうみても私特別なスキル持ってないのになぁ?
    私がポーションを作ると不思議に強力になる!なんでだろ???」

もはやギャグにしか見えませんがこんなセリフはくんですよ。
本気で主人公は原因わからないらしいです。は~無限大って凄いね(笑)

正直読んでいてキツイ。本当にキツイとしか言いようがないものだった。キツイ。
59人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
183 件のグローバル評価