カスタマーレビュー

2019年4月15日に日本でレビュー済み
内容紹介に「義姉さん」とあったので禁断かとワクワクして読んでみれば、それほど背徳感はありませんでした。
孤児院にいたヒロインをヒーローの両親が長男の許嫁として迎えに来て、腹違いの弟(ヒーロー)とヒロインも違う場で出会います。
ヒロインは長男だと思い込んでヒーローと文通をし、長男を愛していきますが、いざ家に迎えられ入ってみればほとんど無視される日々です。義父からは性的に狙われ、婚約者の長男は放蕩者。挙げ句の果てに長男の知り合いがヒロインを拉致&乱暴しかけたのがきっかけで、ヒロインは記憶を失います。
目覚めると義弟ヒーローがいて自分と暮らしています。どうして自分はここにいるのか、婚約者の長男はどうしているのか。ヒロインの謎を解き明かしつつ、義弟との愛も進みます。
結局ヒーローの執着のように思えたのは正統な想いだったというオチがあります。
上手く纏まってるけどどこかで見た感じだし、この作家さんHシーンが短いので不完全燃焼です。期待していた程ではない。
イラストレーターさんは昔の細かい描き方は好きなのですが、最近手がけた挿絵を見るとどれもどこか雑に感じられていまいちです。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
9 件のグローバル評価
星5つ
43%
星4つ
22%
星3つ
34%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%