カスタマーレビュー

2016年9月10日に日本でレビュー済み
一巻に出た鹿芝居のお話。
八雲師匠の若い頃に、思わずため息が出てしまう程の色気を感じてしまいます。
八雲と助六の噺家としての葛藤を色濃く描いた読みごたえのある巻です
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
98 件のグローバル評価