カスタマーレビュー

2020年10月11日に日本でレビュー済み
※全くネタバレせずに語るのは難しいので、
核心には触れてませんが、遠回しなネタバレになってる箇所が若干あります。

特にこの文章の最後半は真剣にネタバレしてる可能性大なので、できれば当該本書を未読の方はこの文章読まないで頂けると有難く存じます。
これ特にネタバレ厳禁やと思うので。

バーナード嬢の4巻あたりで紹介されていて、面白そうだったので。
若干キャラはテンプレ気味な感じ。
(ヒロイン最原さんの、一部の特殊性は別にして)
あとこれ普通に、ジャンルは(SFでミステリな)ラノベですね。
基本的に(要行間)。
ラノベではなさそうな装丁をしとりますが(表紙は別)、非ラノベではないと思う。
超読みやすいし。
(悪い意味でなく)
主人公のメインの一人語りはこなれてて面白い。
序盤の、
映画みたいな恋をしよう。そうしよう。
や、
もう帰ってもいいと思った、
等は、特にリズム感や簡潔性が上手いと思います。
(作中で持ち上げられてるツッコミは私的には普通で、特に可もなく不可もなく)
あと、「忘れ物」の定義概念は、ヒロインの主張で全然問題ないはず。
主人公は分かりませんとか言ってたけど(私より頭いいんだから、絶対実はわかっとるやろ)。
人が忘れ物をするには、
概ねヒロインの主張二つのうち、いずれか、あるいは両方ってのが、概ね正しいかと。
普段わざわざ忘れる理由を言語化しないだけで。
忘れ物に関するヒロインの定義はかなり納得できました。
あと、オチ。
面白い事考えるなあ、と。
あれのおかげで、一度に、
悲劇性の高い恋愛ドラマ性と、藤子F氏の短編的衝撃性を両立できていて。
最後まで読んだ後、また最初から読み直したくなる本とは、こういう方向性の本の事なのだなあ、と。

なので星四つです。




※ここより⬇以下の文章は、あくまでも一時的に載せておくつもりです。

ここからは本格的にネタバレしますが、勿論ぼかして書きますが、当該作品未読の方は読まないで頂けると。
ここからは本編後の物語の予想、あくまでも私の妄想込みの推測ですが。
あれ、主人公は最初の方のレンタル店でアレした時に、ああなった訳ですよね(ビデオのタイトル超ヒントでした)、
ラスボスヒロインの言葉を信じるなら。
最初真相知った時はインパクト強い描写のためか、最初に絵コンテ読んだ時かとも思ったんすけど、
ラスボスは「作った映画」って言ってるんで、
コンテ段階のは違うな、と。
って事は多分、ビデオ視聴時でしょう。(店長の、主人公の変化を指摘する台詞が論拠です)
じゃ、なんで絵コンテみた時にあれ程の、て言うと、
もしかするともう、
主人公は、絵コンテ読んだ時に、その際に、それをきっかけに自分をザオリクできてたんじゃないか、
ってのが私の予想です。
ビデオで一旦チェンジして、絵コンテで元通り。
で、本作最後のオチは主人公を落としてから持ち上げるためで、
あくまで予想ですが、映画最後見終わった主人公が、
「(僕は)忘れとらんやないかい!」
ってなって、
ヒロインさんが
「びっくりしましたか」
みたいな。
ヒロインの目的は、映画みたいな恋したい、と、主人公が、己が既に以下略と知った際の驚愕の表情が見たい、ですから(多分)、
「きっかけ」と「目的」さえ達成できれば、定本さんとの親和性はそこまで高くなくともよい訳で、
あとは必ずしも主人公があの人状態でなくとも、
ある種のレールの上さえ歩いて、ヒロインが望む方向性の推理と結論を主人公が導きだしてくれれば言い訳で、
いい意味で悲劇性を緩和してくれる真相がこの先待ってるんじゃないかな、と。
理由は二つ。
あのオチだと主人公可哀相すぎるのと(多分ヒロインも)、
ド嬢の神林氏によれば、本作には続編があるらしく。
本作が本作で完結してるなら、私もその後の展開を妄想予想しませんが、
まだ終わってないってことは、もう一波乱ある訳で。
だったら、先述したような、実は主人公はとっくに復活していて、
最後の映画の後、必ずしも悲しい終わり方にならない可能性もあるのでは、と。
最後に主人公に真相語る場面、所々にウソがあって、ヒロインは言ってる程主人公をその場その場で、あの人にはしすぎてなかったんちゃうかなあ。
序盤の店長との会話時は、主人公は確かにあの人だったのでしょうけど(店長が主人公の変化を指摘)。
主人公が、嘘にしろ真実にしろ、誤認にせよ、自分は既に・・・・・・、って、最後驚けば、主人公が実際にそうなってようとなかろうとOK、な側面も考えられるんで。
あれ、でもビデオイベントから絵コンテイベントまで主人公はヒロインと面識ないから、
私の推理は根本から崩壊か?
なんか自分でも何言ってるんだか分からなくなってきた。
まあ自分で書きながらこれ、いろいろ無理のある強引なこじつけに近い願望が多めの解釈かな、とも思うけど。

本文章の後半の自己予想、自己解釈の部分はあくまでも一時的に載せておきます。
多分豪快に外れていてハズかしい!と後でなる可能性大なので。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
17 件のグローバル評価
星5つ
81%
星4つ
10%
星3つ
9%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%