カスタマーレビュー

2020年5月11日に日本でレビュー済み
やっと出た新刊、でも届いて現物を見た感想はまず、「薄っ!」これで1000円近くも?

と思いましたが、「でも、中身が充実してたらいいか!」と納得させました。

ストーリーの内容は省きますが、浅野先生が運良く助かってからの篠原刑事との生活を軸にして最後は、1巻へと話が繋がります。

私が個人的に気になったのは、最後の1ページ、篠原刑事って本当に良い人なのか、悪い人なのか分からなくなってしまったことです。
あの表情は。。、一体何を意味してるのか?
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
121 件のグローバル評価