カスタマーレビュー

2021年4月29日に日本でレビュー済み
忘却探偵が忘却探偵だったことを忘れてしまう。狙撃犯人を捜していたときに、今日子さんが狙撃されてしまう。その結果、忘却探偵は自分が探偵だったことも忘れ、ミステリー用語も理解できなくなる。今日子さんのピンチを救おうと立ち上がったのは、冤罪王こと隠館厄介。しかし、当然のことながら今日子さんのようにはいかない。逆に、狙撃犯人と思われる人物によってピンチに。
 記憶を無くした(探偵であることも1日で記憶がリセットされることも)今日子さんは、意外な能力を発揮してピンチを脱するのだが……。狙撃あり地雷ありFBIあり戦車ありの、怒濤の戦場アクションになった。いつから?
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
92 件のグローバル評価