カスタマーレビュー

2019年5月31日に日本でレビュー済み
これはこれでありな作品だと思います。
ただ、ケンイチに対する思い入れが強すぎて、未だにあの終わり方が消化不良なせいか、松江名さんの描く単行本に手が出ないのが本音です。少年サンデーの意向だったこと、作者として無念だったこと多々あると思います。

ケンイチに対する設定や世界観、師匠と弟子による描写の違い、これらすべてのクオリティを超える作品は、生まれないと思いますね。
師匠たちの達人戦は劇画タッチにしたり、ケンイチは才能がないので巨大な基礎工事を1〜20巻に至るまで行ったり。
20巻あたりからケンイチは毎週のサンデーを見るのと、単行本を買うのが楽しくて仕方なかったですよ。

この作品も同じものにしてほしいですね。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
33 件のグローバル評価