カスタマーレビュー

2014年6月11日に日本でレビュー済み
旧作の主要キャラが引き続き多数登場するようになってきました。新作キャラの掘り下げがかなり進んだので、あとは新作旧作関係なく適宜ふさわしいキャラがふさわしい場面に登場して活躍してゆくのでしょうね。まあ、舞台が白金平ということで新作キャラ中心とはなるのでしょうが。
さて、本巻は、内容紹介にもある通り鬼塚さんと有明先生の挙式が描かれています。旧作ファンとしてはそれだけで感慨無量ですが、九音の心理カウンセラーならではの関わりが見られ、九音の存在がクインシーその他の面々にも影響を与えてきている事が分かります。
今後、九音は、現在の腰掛け的なスタンスからさらにコンシェルジュの世界に踏み込んで来るのでしょうか。最上も九音に期待しているようですし、もっと九音自身についてのエピソードが読めることを期待したいですね。旧作キャラの活躍も見たいのですが。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
13 件のグローバル評価
星5つ
72%
星4つ
18%
星3つ
10%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%