カスタマーレビュー

2012年11月28日に日本でレビュー済み
ネタバレあり。
前巻で、クヌート勢VS農場 という様相を呈してきたので、
迎え撃つ農場勢として、トルフィン、蛇、トールギル、の活躍はもちろん、
非凡な実力を持つガルザルも、活躍の一翼を担うのではないか?と期待していた。
が、見事に裏切られた。
意味深な登場シーンから過去の話と、逃亡奴隷の話を長く引っ張ったわりに結局あっさり死んでしまった。
万全の状態のガルザルが見れなくなり非常に残念。
今後の展開が、自分の想像を回る物になるのか否か、作者の手腕に注目したい。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
155 件のグローバル評価