カスタマーレビュー

2013年7月4日に日本でレビュー済み
たくさんの人が書いているから特筆することもないが、受けがとても良かったということを言いたい。

受・笹原くんは、物語前半はあまり自覚がなく「気まずくなることで友情が壊れるのが嫌だから」と曖昧な状態を保とうとする。それが、攻・鮫島くんに押されて自身も鮫島くんを意識し好きになっていくうちに、だんだんと攻心が開花してくるのだ。ま、受なんですけど。

後半の笹原くんの攻め攻めしさは必見。最近っぽいんだけど、男らしくて格好いい。吹っ切れた鮫島くんに押されて立場が弱くなってしまったけれど、精神的には彼の方がずっと攻めだよなぁ・・・惜しいものだ・・・
とか思っていたら、リバのサイドストーリーが出た、でました。読者のニーズをよく分かっている!!単行本に入ったら是非読みたい。

それにしても、こういう男らしい受が増えてほしいものだ。ベッド以外はフツーに男!みたいなの。新しいBL界の流れに貢献する一冊。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
88 件のグローバル評価