カスタマーレビュー

2012年12月22日に日本でレビュー済み
表紙からも分かるように、テジュンが主役の10巻です。

テジュン〜?別に・・・と思っていましたが
いやいや、とっても面白いwww

最初のヨナと同じように、村民の貧しい暮らしぶりを目の当たりにし悩むテジュン。
最初はヨナに認めてもらいたくて、ヨナに会いたくてする行為だったが・・・
段々彼の視界が広がっていき、火の部族全体の事まで考えられるようになります。

それが徐々にいい男になっていくんです!
そんな彼の心の移り変わりとか、小さな変化が丁寧に描かれていて
すっかり感情移入してしまいました。気分はテジュンです。
10巻まるっとそんな魅力的なテジュン満載ですwww
(ヨナはさすがに少しは出番があって存在感もありますが
ユンとハクはそこそこ、シンアとジェハはちょろっと。)

あとがきでもちょろっと触れてましたがラブはないです・・・
でもラブがなくても面白い少女マンガってすてき。おすすめです。

今回のオビの推薦文は「馬鹿とテストと召喚獣」井上先生でした。
ベルセルクの三浦先生からラノベまで・・・幅広いですね〜

11巻、いよいよヨナ達の大活躍かな?楽しみです
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
98 件のグローバル評価