カスタマーレビュー

2020年7月19日に日本でレビュー済み
今現在雨後の筍のように乱造されている悪役令嬢もの、その大体は「悪役令嬢役に転生してしまった!軌道修正しないと!」といった流れなのは御存知の通り、結局は聖女だなんだと呼ばれる。

これも最後はそうなるっぽいけれど、今現在までは綺麗事ばかり並べるゲームでヒロインの役割の子をけちょんけちょんにし、怒った取り巻きにボコボコにされたり殴り倒されて誘拐されて殺されかけて歯を失ったり、片目を失ったりと割とひどい有様。
本当に国外追放までされているのは素晴らしい。普通は回避するのが目的だし、回避しちゃうので。

差し伸べる救いもご都合主義ではなく、意表を突かれて面白い。

が、完結してないなら1巻とちゃんと書いてほしい、原作は小説家になろうで続行中だけれど…
更新は緩やかだし、なろうなのでそのまま打ち切りの可能性も高い(プロの作品ではなく、フリーター作品のできの良いものを拾って書籍化するという商売方法なので)

エタらない事だけを祈りつつ、完結するまで忘れていたほうがいいかな。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
134 件のグローバル評価