カスタマーレビュー

2019年11月5日に日本でレビュー済み
"作者が本来描きたいもの≠世間が求めているもの"とは言いませんが(売れてなくても面白い作品はたくさんあるので)、"作者が本来描きたいもの≠面白いもの"の最たる作品となるのではないでしょうか。

いろいろとツッコミたいところはありますが、一番気になるのが話のテンポの悪さ。
作者の持ち味であるテンポというものが活かしきれてないのか、元々作者も理解してないのか。
シリアスな話の流れにもっていきたい。リアルな戦闘シーンが描きたい。その気持ちは伝わってきますが、そこに(今まで得意としてきたような)庶民的な幼さの残るギャグが入ると物語に没入できません。
作者としては「どう?他の似たような作品にはこういうのなかったでしょ?面白いでしょ?」という意向なのかもしれませんが、正直シラケます。
ストーリーについても風呂敷を広げる以前に、でかい風呂敷を持ってるのはわかるけど中身を見せなさすぎでしょう。

知識だけでは面白い漫画は描けないという良いお手本になりつつあります。

もはや「どこまで面白くなく描けるのか見てみたい」、そんな理由で今後も購読するつもりです。
元々はファンなので「過去にこんなこと言ってすみませんでした」とこちらに謝らせるくらい面白い展開に持っていってほしいです。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
212 件のグローバル評価