カスタマーレビュー

2017年5月3日に日本でレビュー済み
やはりガンダムではないし、SFでもない。
宇宙空間で雷がゴロゴロピカピカして、ミノフスキー粒子でレーダーが効かない中、主人公だけは超長距離狙撃が百発百中。一応宇宙世紀ガンダムということになってるらしいが、基本設定の矛盾が鼻について仕方ない。むしろターンエーやGみたいに、宇宙世紀じゃない別世界のガンダムにしておけば、ここまで酷くはならなかったのに、なんで宇宙世紀ってことにしたんだろう?そこまでガンダムの栄光にすがりたかったの?

ひたすら直進するためだけのザクのデザインもあまりにわけがわからん。(
サンダーボルト "サイコ・ザク" )真っ直ぐ進むだけなら戦闘機でもいいじゃん。ビグロみたいな高速戦闘用のMAもありやん。それにそんな高性能で完成度の高いMSがあるなら、普通にアバアクーかソロモン戦に投入すると思う。 こんな辺境に最新型MSを回せる余裕は、もはやこの頃のジオンにはない。(ヅダにしろオッゴにしろ普通の評価基準じゃオンボロだし、アプサラスはジャブロー攻撃専用でしかも未完成品だったからね。エルメスも撹乱のために、実験も兼ねてソロモンを攻撃させてたっけ。)

これを楽しむコツはガンダムと思わないこと。これに尽きると思う。
ガンダムと思うよりは、なぜか最近流行りの身も蓋もない「異世界転生オレつえー物」と思った方がまだしも筋が通る。科学ではなく狙撃魔法が支配する平行世界が舞台で、主人公だけはミノフスキー粒子を物ともせずに狙える「狙撃」の特殊スキル持ち。なんで彼だけが他の誰も持たないそんな特殊スキルを身につけたかというと、「神様の気まぐれ」とか「単なる偶然」で理由は特にありません。或いはゴ●ゴ13の生まれ変わり。これなら一応説明がつく。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
93 件のグローバル評価