カスタマーレビュー

2016年3月26日に日本でレビュー済み
この作品アニメから知ったので偉そうなことは言えませんが、落語のネタが描き出すような人間の機微、情念や業の深さ、儚さや確かさ、陰陽のさまざまな感情を落語を通して描き切っている素晴らしい作品です。今巻で確信しましたが与太郎さんの太陽のような屈託ないまっすぐな明るさが周りの人々の闇を払い照らしていく姿は、そう思う人はあまりいないと思いますが神々しくすら感じます。本当にいい作品に出会えました。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
55 件のグローバル評価
星5つ
84%
星4つ
9%
星3つ
6%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%