カスタマーレビュー

2015年1月3日に日本でレビュー済み
【要点】

1:新しいボードゲームを作る時に大切なことをミドリの新しいゲーム「ワンルーム」からお勉強

2:好きなおなごが出来た中で姫を護るゲーム「ラブレター」をプレイ!

3:学園祭でボードゲームをやりたいと考えたミドリとミキとアヤ。でも、目の敵にされている副会長には却下される。そんな中、お店にやってきた怪我明けの男子と「アイランド」をプレイする。そこから何かつながっていく。

ボードゲームが人を育てるストーリーが2つほど。

ボードゲームってそれ自体も楽しめるけど、人と人のつながりにきっかけを生んでくれるかもしれない。マンガのようなお話だけど、実際もありそうな甘酸っぱいお話。

初めて好きな女のことが出来て部活に集中できない高1男子が好きな女の子とプレイするのは姫を守る「ラブレター」というゲーム。ゲームを通して初恋にどう向き合うのかが見えてくる。

もう1つの甘酸っぱいお話に出てくるゲームは「もんじろう」。いじめられっ子だったミキを小学生の時に助けてくれた「狂犬のキョーコ」と高校生になった今、ゲームで遊んでみる。今まで言えなかった自分の気持ちがゲームの中から湧いてくる。

ボードゲームのカタログになるマンガ。ボードゲーム好きにはやっぱりたまらない。ボードゲーム入門書としてもいかがでしょうか。

【キーワード】

ラブレター

もんじろう

アイランド

ケルト

ドイツゲームのむちゃぶり

エミーリア

【引用】

ゲームはひとりでは作れない

【手に入れたきっかけ】

読み続けているボードゲームマンガ!やっぱり面白い。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
21 件のグローバル評価
星5つ
72%
星4つ
15%
星3つ
13%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%