カスタマーレビュー

2019年11月16日に日本でレビュー済み
第96話~第104話。学園最編の前半、五姉妹中一花と二乃の各2話を中終盤に収録された。

ラブコメ定型の高校生活最後の最大イベントとされる「最後の学園祭」を基本軸に展開される、中野家五つ子と上杉風太郎の恋愛+試験鍛錬のせめぎ合いストーリーも、最大の山場に差し掛かってきたかという感じがする一冊。
春場氏の丁寧な人物相関関係の緊密な抑揚と、幼少期の想い出とのリンクの往来に関しては確かに非の打ち所はない。
しかし、美食も過ぎれば飽和状態となるという長期連載の最大の障壁とも言うべき、「間延び感」が出てきてしまっているのは否定できない事実である。
風太郎が呉下の阿蒙から秀才へと変化する切っ掛けとなった幼なじみの少女「竹林」という存在がここに来て出てくるが、場当たり的に物語・相関図の中心的役割を得ているような感じを出していることには少しだけついて行けないものがあった。要するに、春場氏の緻密過ぎるゆえの諄さがこの竹林という存在と間延び感の最大の原因だと思えてならない。
物語そのものは構成・進行・相関関係ときちんとしているので確かに面白いのだが、一桁前半巻ほどの高揚感というのが喪失してしまったというのが、正直な感想である。物語は完璧すぎれば諄くなる。第12巻はそう言う意味で、申し訳ないが星評価を2つほど落とした。
市場原理主義を第一義として無意味な引き延ばしをせず、誰もが納得できる終結を期待したいところだ。
カスタマー画像
5つ星のうち3.0 完璧な故の諄さ。美食も過ぎれば飽きてくる例
ユーザー名: 鷹岑 昊、日付: 2019年11月16日
第96話~第104話。学園最編の前半、五姉妹中一花と二乃の各2話を中終盤に収録された。

ラブコメ定型の高校生活最後の最大イベントとされる「最後の学園祭」を基本軸に展開される、中野家五つ子と上杉風太郎の恋愛+試験鍛錬のせめぎ合いストーリーも、最大の山場に差し掛かってきたかという感じがする一冊。
春場氏の丁寧な人物相関関係の緊密な抑揚と、幼少期の想い出とのリンクの往来に関しては確かに非の打ち所はない。
しかし、美食も過ぎれば飽和状態となるという長期連載の最大の障壁とも言うべき、「間延び感」が出てきてしまっているのは否定できない事実である。
風太郎が呉下の阿蒙から秀才へと変化する切っ掛けとなった幼なじみの少女「竹林」という存在がここに来て出てくるが、場当たり的に物語・相関図の中心的役割を得ているような感じを出していることには少しだけついて行けないものがあった。要するに、春場氏の緻密過ぎるゆえの諄さがこの竹林という存在と間延び感の最大の原因だと思えてならない。
物語そのものは構成・進行・相関関係ときちんとしているので確かに面白いのだが、一桁前半巻ほどの高揚感というのが喪失してしまったというのが、正直な感想である。物語は完璧すぎれば諄くなる。第12巻はそう言う意味で、申し訳ないが星評価を2つほど落とした。
市場原理主義を第一義として無意味な引き延ばしをせず、誰もが納得できる終結を期待したいところだ。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
898 件のグローバル評価