カスタマーレビュー

2020年4月12日に日本でレビュー済み
ボッス王国での戦いは冥府を巻き込んでの戦争へと発展していく。そこに帰還したボッジの心強さ。ヒリングを守るために命を懸けたミツマタだけじゃなく、冥府の魔物に対してもやさしさを向けるところが素敵だった。それはボッジ自身の愛や勇気でもあり、ヒリングが彼を抱きしめて与え続けた愛の結晶でもあるんだよね。愛が受け継がれて、それが勇気や希望となっていくのは読んでいて心が温かくなった。

アクションシーンも満載!決死の覚悟でヒリングを守るドルーシ。ギガンの大斧を見事に無力化したボッジ。冥府騎士団と大立ち回りをするドーマス。アクションの面白さだけじゃなく、今までに培ってきた人間ドラマがあるからこそ、より感情移入して読むことができて面白い。

門を通じて現れたデスハーにドーマスはどうやって立ち向かうのか。ボッスやミランジョの目的も気になるところ。深い闇を抱え、悲しみを生み続けるミランジョも、ボッジならきっと救ってくれるんだろうな。それは父のボッスですらおそらくできなかったこと。これからの展開からも目が離せない。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
799 件のグローバル評価