カスタマーレビュー

2019年9月17日に日本でレビュー済み
他の巻ほどではなかったですが、愛する妻のミリアーナが誘拐されたことを知ってから救出されるまでのマティサの怒りようがかなり伝わってきました。
文書でここまで表現できるなんて作者の筆致は確かなものです。
惜しい女性を亡くしました。
息子さんたちもこれから社会に巣立っていくところで、いろいろと楽しみにしていたでしょうに、とても残念でなりません。
ご冥福をお祈りいたします。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
19 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ
27%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
6%
星1つ 0% (0%) 0%