カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2009年5月19日に日本でレビュー済み
中国の戦国時代、三国志をマンガ化した作品の10巻目

この巻は、前の巻で関羽が玄徳の妻を連れて1000里の道のりの
後、とうとう玄徳に出会う所から始まっています。
そして、江東の小覇王と呼ばれた孫策が倒れ、赤壁の戦いで
有名な呉の孫権がその後を継ぐ話、そしてことわざにもある
壇渓を跳ぶの話、最後に玄徳の最初の軍師である単福の
話まで入っています。この単福が後の孔明へとつながってきます。

文庫本という形式なのでいたしかたないのですが、関羽の
話は前の9巻から続いており、単福の話は11巻へ続いています。
孔明が登場する前の小さな話たちで、大きな三国志の流れの
中では小粒ですが忘れかけていた私にとっては
よかったかと思います。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
6 件のグローバル評価
星5つ
86%
星4つ
14%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%