カスタマーレビュー

2019年5月24日に日本でレビュー済み
河井先生のBLが大好きな人間のレビューです。
先生がこのNL作品を書き始めた時、完結がいつになるかわからないので最終巻が出てから読もうと決めていました。そして今、1巻から3巻まで読み終わりました。
以下、ネタバレ感想です。

1巻から3巻まで。
いろんな人の恋愛事情が、群像劇風に描かれていたのですが、肝心のヒーローの視点がなかったのは連載回数の問題なのでしょうか……?(父親関連とのエピソードはあったけれど、見たいのはそこじゃなかった)
殿村の魅力は、十和子を通して伝わってきてはいましたが、全巻通して気持ちと彼の状況がわかりにくいので十和子にも感情移入を仕切れない、けれど傍観者にもなりきれない中途半端な状態で読み進めていました。
そのため、途中で挟まる小ネタや、他の登場人物達の事情にもいまいち感情がのりきらなかった。

河井さんのBLが大好きで、普段は少女漫画も少年漫画も青年漫画もなんでも大好きで読むのですが、
この「はるはなのみの」はもう少しじっくと長く読みたかった。
おそらくそのつもりでの連載で、途中で色々あって早期終了してしまったのか……と思うのですが、
殿村と十和子みたいなタイプの恋愛って、くっついてからの方が面白くなりそうだし、
キュンキュンしそうなのに、そこをぶっ飛ばして、更には他の登場人物に話数を割いて……というのが、
どうしても★3つという評価になってしまいました。

また河井先生がNLを書いてくれたら絶対に買いますが、書くならまず、殿村と十和子ちゃんのラブラブ期間を是非お願いしたいです。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
14 件のグローバル評価
星5つ
82%
星4つ
9%
星3つ
9%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%