カスタマーレビュー

2005年3月23日に日本でレビュー済み
「死草芽生」から「朱夏白秋」までの五作品収録。
前巻『流涕之章』でも描かれた「柳生草」感涙の一編から始まり、唇役・阿部怪異の
最期で終わるというシリーズ最後の一節である。 これ以上多くを語るべくもないが、
一刀は一刀でそして烈堂は烈堂で互いに事を運び遂行して行く様は、正に爽快感すら
感じるほどである。 一人の男の終焉、それを迎える二人の胸中や如何に。
老虎矍鑠たる烈堂と、真の武士(もののふ)として水の如し一刀の八町河岸の日は近い。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
3 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%