カスタマーレビュー

2021年4月18日に日本でレビュー済み
綺麗なイラストに惹かれて読んでみましたが、内容に引っ掛かりを覚えることが多かったです。内容は☆1ですね。(イラストの良さを考慮して☆2としています)

1. モンスター側の視点。
モンスター視点でワイバーンと混沌竜が滅ぶ描写がありますが、この描写を入れた理由が分かりません。(混沌竜なんか主人公が放つ聖波気というオーラだけで滅んでますし…) ページの無駄使いかと。

2. 40歳近いオッサン(主人公)が常識を知らない。
この設定に無理を感じる。勇者として9歳の頃から世界中を巡ってオッサンが常識知らず?…そんなことあります?30年間、四六時中魔物を狩り続けて生きてきたワケでもあるまいし。

3. 主人公の手持ちが退職金のみ。
国王から大金貨100枚を貰っていましたが、他の手持ちは?それまで無給で働いていたんですか?(装備は支給品、酒もタバコも女もやらずに生きてきたって…何にお金掛けていたんだ?) 本気で無給で勇者を馬車馬の如く働かせていたなら国王の良識を疑う。

4. 奴隷商に高名な魔女。
“不死”以外の薬は作れると豪語する魔女が都合よく主人公が訪れた奴隷商になぜかいます。奴隷商にいる必要がある人物とはとても思えませんが、お助けキャラみたいな感じに奴隷として登場しています。違和感が凄い。

5. 扉絵はエロシーンばかり。
絵自体は綺麗ですが、ピックアップするシーンは「え、そこ?」と言いたくなるベッドシーンとお風呂シーンです。エロを全面に押し出したい著者の意向が加味されている気がします。(戦闘シーンとかカッコいいシーンがあってもいいと思いますけどね)

6. ステータスの基準が不明。
筋力: Aとか、敏捷: Sとか何段階評価でその評価ですか? 最低でB前後という言葉しかなく、どのくらい凄いのか全く分かりません。

7. 受けられる討伐依頼はアンデットを除いてワンランク上まで。
なぜアンデットだけ除かれているのでしょうか?受付嬢が「アンデットは対策取ればランク関係なく簡単」とか言っていますが、他の冒険者のセリフを読んでいるとそんなふうには思えません。(主人公を目立たせるための措置?)

8. ヒロインが天使であることを隠す気ある?
余程の事情がない限り隠した方が狙われるリスクを減らせると思いますが、大体翼を出して行動しています。ホントに隠す気があるのか分かりません。傍目から見ていると隠す気ないでしょ、と言いたくなるほどです。(多少出し惜しみした方が翼を出した時の稀少感が出ていいと思いますけどね。)

9. ヒロインが天界を追放された罪の内容が不明。
ヒロインは「天界で罪を犯して追放された」と記載されていますが、何の罪でしょうか?追放罪を食らうほど、悪どいことをするヒロインには思えませんが?

10. 冒険者ギルドの鑑定士、プロとして失格では?
ヒロインが指摘したところ、18万もの差額が生まれています。鑑定士は「すまねぇ」で済ませていますが、日本円で18万も安く買い叩かれたら怒りません?…何の為の”鑑定士”でしょうね。

正直まだまだありますが、この辺でやめておきます。書籍として売り出すなら読者を納得させるだけの”納得感”が欲しいと切に願います。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
12 件のグローバル評価