カスタマーレビュー

2021年3月8日に日本でレビュー済み
肝心の内容は、文藝春秋の編集部の中でも特にガンダムが好きな一部のマニア達が集まって、連日本気で会議しながら完成させていったのであろうと思われるようなビジネスライクなもので、熱意と同じくらいお金の匂いも感じてしまう。

お金の匂いがする部分とは、要はこの本が真のマニア向け(早口で捲し立てるような、いわゆるガンヲタを想起させるようなもの)ではなく、ライト層(ガンダム?アムロとシャアが戦うやつ?レベルの人)でも楽しめ、かつ普段の文藝春秋に通ずるような世俗的な要素もふんだんに盛り込んでいる点。

ビジネスありきで大人が本気でふざけるとここに着地せざるを得ないのだろうが、編集部のガンダム愛は感じる一冊となっている。
53人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
327 件のグローバル評価