カスタマーレビュー

2013年4月2日に日本でレビュー済み
2巻で父母になったアウラと善治郎。子育ての話を少し挟みつつ、今回も政治的な話と善治郎の発明?が主題となっています。

善治郎が今回挑むのはシャンプーや石鹸の製造とエアコンの設置です。あとは蒸留酒を頑張って作っています。

一方、王国には、送ったはずの塩がガジール辺境伯領に届いていないという報せが入り、アウラが事の解決に乗り出します。
今回、初めてこの世界の竜が登場し、軽く戦闘シーンが描かれています。

また、最終章にはお馴染みの『侍女問題児三人組』の話が収録されています。2ページを使って侍女の入浴挿絵を描いてくれて感謝の極みです。

1、2巻の雰囲気が好きだった人は今回も楽しめると思います。
ただ、そろそろ新しい何かが欲しいなぁというのが正直な感想ですかね。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
69 件のグローバル評価