カスタマーレビュー

2019年6月8日に日本でレビュー済み
14巻は3つのゲームが紹介されています。バックギャモン、ラビリンス、ウボンゴ、です。いつもより紹介が少ないのは、学園祭の出し物でボードゲームじゃないゲームを企画するからであり、そこに話数がとられています。
話が私の本題から逸れますが、そのゲーム準備とゲームの実施の話も、大変面白く、登場人物たちの恋愛話も挿入されているので、物語としても面白い所が加点要素だと思います。
さて、今回はラビリンスを買って子供たちとプレイしました。滅茶苦茶面白いです。そのレビューはラビリンスのところで思いつくまま書きました。この漫画の素晴らしい所は、そうしたゲームの面白さを、きちんと紹介しつつ、物語そのものも面白い所だと思う訳です。この漫画に出会わなければ、私は多数のボードゲームを知らずに、子供にはTVゲームだけを買い与えて一緒にプレイしていたと思います。可愛い子供たちの顔を見ず、TV画面だけを見て遊んでいたと思います。それはそれで悪くないのですが、やはり、子供たちの顔を見ながらプレイできるボードゲーム、カードゲームは最高です。そんな楽しい時間を、遊んで楽しい、読んでも楽しい時間を提供してくれた、この漫画はとても素晴らしいと思います。今後も楽しいゲームをたくさん紹介してくれますように!
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
38 件のグローバル評価
星5つ
64%
星4つ
22%
星3つ
14%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%