カスタマーレビュー

2021年3月26日に日本でレビュー済み
描きたい要素の多さと構成力が釣り合っていないように感じました。
場面転換、話の順序、展開の仕方、感情の動きなどがわかりづらく、物語自体が散漫になっています。

攻め視点ではじまった物語りなのに、途中から受け視点に変わり、問題のほとんどを受けの迷いのみで語っているのも物語全体を不安定にさせている理由かなと思いました。
受けが母親から受けた虐待とも取れるトラウマを引きずり、初恋でのショックを受けてこの恋愛にたどり着いているなら、最初から受け視点で話を進めるべきだったのでは?
「近所に住むビッチで綺麗なお兄さん」を描くために無理矢理最初だけ攻め視点にしたようにしか見えませんでした。
あと攻めにキャラがほとんどありません。

ただ絵は上手くみんな可愛かったです。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
58 件のグローバル評価