カスタマーレビュー

2010年12月30日に日本でレビュー済み
前作『TISTA』も大好きでしたが、この『月華美刃』もジャンプスクエアの中で一番好きです。

スタイリッシュな絵柄、読者の視点を誘導するようなコマ割りや構図、センスの利いたセリフ、表情豊かなキャラクター、クオリティの高いアクションシーン、世界観の構築、どれも素晴らしい。
特に、母と娘の絆、親子の情愛というものがさりげなく描かれていて、少女が主人公でありながら、ジャンプらしいワクワクするような『ファンタジー王道少年漫画』じゃないかと思う。

物語は、平安時代?と近未来都市?を融合したような'月の都'の統治者である銀后の娘・継承者の立場にある「竹之内カグヤ」を主人公に描かれていて、病弱な母・銀后フジヤ、その地位を狙う分家、真っ直ぐでお転婆で無鉄砲だけど少女らしい一面も持つカグヤ、カグヤの戴冠式に起きるテロ、そのクーデターで「穢星」へと逃亡していく序盤から怒涛の展開で、第一話からグイグイ引き込まれました。面白い!

退廃した国を建て直し、民に慕われる母フジヤと、かっこいい母様ようになりたかったカグヤ。姫という立場に生まれたが故の過酷な運命に翻弄されながらも、必死で戦い成長していくだろうカグヤの物語の波乱の幕開けで、第弐集(一巻、二巻ではなく、第壱集なんですね)も非常に楽しみです。

ともかく、話の設定もキャラクターも絵もとても魅力的で面白い一冊でした。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
27 件のグローバル評価