カスタマーレビュー

VINEメンバー
2013年1月20日に日本でレビュー済み
この商品はカラーページを再現収録した完全版ではなく、
既発の新書版コミックスを少し大きく(B6版)し、装丁を変えて紙質を良くしただけの商品です。
本当に少〜し大きくなっただけなので、大きなサイズで読めると思って購入すると肩透かしをくらいます。
本自体には「ワイド版」という表記はありませんが、他の方のコメントによると、
【小学館公式ホームページでのワイド版の定義は「B6版で発売される少年サンデーコミックススペシャルシリーズ」】
だそうなので、本商品はれっきとしたワイド版みたいですね。

過去に出た『
うる星やつら(1)(少年サンデーコミックス〈ワイド版〉) 』より少し小さく、
犬夜叉(1)(少年サンデーコミックス) 』より少し大きいサイズです。
新書版コミックスで全56巻だったものを全30巻で毎月1冊ずつ刊行予定。

表紙は過去に同じように発売された『
うる星やつら(1)(少年サンデーコミックス〈ワイド版〉) 』のような描き下ろしを期待したのですが、
残念ながらこの1巻については、連載時の販促物等に使われたイラスト数枚をコラージュして使用しただけのものでした。
連載時と絵柄が変わっても良かったので、ここは描き下ろしカラーイラストを使って欲しかったです。
巻頭には『
犬夜叉(32)(少年サンデーコミックス) 』の表紙に使われたイラストが1枚だけカラーで収録。
新書版コミックスには無かったページとして【登場人物紹介(犬夜叉篇)】と【高橋留美子インタビュー】、
そして【描き下ろしが一コマ】だけありましたが、(新書版コミックスも全巻持っていますが)
このスペシャル版を購入してまで読む必要性はあまり感じられないような追加ページでした。

新書版コミックスが全56巻で総額22,580円・スペシャル版が全30巻で総額25,800円
古本ではなく新品で購入するのなら、値段を取るか本の多少の大きさ&紙質の向上を選ぶかですが、
個人的には新書版コミックスの方が表・裏表紙・カバー折り返し等のイラストが好きなので新書版をオススメします。

★×3個というのは作品内容についてではなく、今回のスペシャル版についての評価です。
連載当時の最後の方はダラダラ感が強く、ファンながら「いつ終わるの?」という感じだったのですが、
久々に1話から読んでみて、「やっぱり面白いわ!」と思ったこの1巻でした。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
20 件のグローバル評価