カスタマーレビュー

2019年2月27日に日本でレビュー済み
乙女ゲームのヒロインに転生した少女が、生前に好きだった悪役令嬢キャラに必死にアプローチする話なのですが、この2人の毎度の掛け合いが面白いです。
中盤に出てくる二つの偏見の話には納得させられました。ここらへん深掘りしてくるところは、凄いなぁと思います。
終盤に展開する学園内の平民vs貴族の抗争も単純な「善vs悪」の図式にしないところに好感が持てます。
書き下ろしでは、メイド視点で悪役令嬢の人となりがわかる話が出てきて、ほっこりします。

(GL文庫さんの校閲が甘いのか、「仕える」が「使える」になってたので、電子書籍ならば、すぐ修正されると良いと思います。)

Web版で続きを読んで、面白かったので、挿絵含めた書籍化が続いていけばなぁ、と思います。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
76 件のグローバル評価