カスタマーレビュー

2019年4月16日に日本でレビュー済み
とても面白い漫画です。
漫画好きの私が九井諒子の短編集を読んで思ったのは、この人は黒田硫黄の感性によしもとよしともの切り口を持った漫画家であるという事。
このダンジョン飯は面白いけれども短編集のような考えさせる余地は少なく、エンタメに特化しておりそれも含めて作家の技量が高いと思います。
こういう漫画がジャンプなんかに載っていたらもっと漫画の世界も変わるような気がします。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
950 件のグローバル評価