カスタマーレビュー

2005年5月16日に日本でレビュー済み
 たけくらべを演目に選んだ劇団月影はマヤの個性的な美登利が高評価を得て全国コンクールへ駒を進めます。そこでの演目は「ジーナの5つの青いつぼ」とし会場の名古屋へ乗り込んだのですが、小野寺の陰謀により・・・・・
 なかなか徹底した悪役ぶりを発揮する小野寺と歯がゆいぐらいに真っ正直な劇団月影メンバーとマヤ。少しわざとらしいところがありますが、本来同等であると思っていた人物の誰かが抜擢されると人間にはどうしても嫉妬心というものが湧いてきます。そういったどろどろした人間の弱さや業と言ったものをきちんと描いています。ストーリー展開も良いですが、心理面の葛藤もみものです。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
33 件のグローバル評価